主婦ゲー人生

とあるゲーマー主婦の日常

日曜のキッズプラザ大阪は激混み

 本ページは広告が含まれています

日曜にキッズプラザ大阪へ行きました。

7歳長女と3歳長男、二人ともたっくさん遊んで楽しんだので思い出記録です。

 

外国人観光客が多い

母は楽しいよりも何よりも、まず外国人観光客の多さに驚きました。入場者の半分くらいは外国人なんじゃないかと思うレベルです。日本の観光ガイドブックにでも載っているんでしょうか。

昨年行ったときは外国人観光客はあまり見かけなかったのですが、今年は凄い。なるほどこれがインバウンドってやつかと、普段家から出ない私はニュースでよく聞くやつを体感しました。

キッズプラザ大阪のホームページの混雑予想では「やや混雑」となっていましたが、日曜というのもありかなり人が多い印象でした。昨年は土曜に行きましたが、ここまで混んではいなかったですね。雨だったのもあり屋内で遊べるキッズプラザ大阪に人が集まったのも一因かもしれません。

 

こどもの街

キッズプラザ大阪といえば白い壁にカラフルな窓や曲線の通路が印象的なこどもの街ですよね。ボルダリングのように登れる壁があったり、迷路のように入り組んだ道や滑り台があって、ここだけでも結構楽しめます。私が行った日は人が多すぎてごった返していましたが。

ちなみにこどもの街はオーストリアのフンデルトヴァッサーさんという芸術家の方がデザインしたそうです。確かに異国情緒漂う雰囲気。

 

キッズストリート

キッズストリートは子供が大好きなごっこ遊びの宝庫です。郵便屋さん、ヘアサロン、病院、屋台、スーパーマーケットなど、身近なお仕事をごっこ遊びで体験できるエリアとなっています。

スーパーマーケットではリアルな食材を3つまでカゴに入れてお買い物ごっこができます。自分でレジでピッとして合計が1000円ピッタリになったらスタッフさんがベルを鳴らしてくれます。それが子供には嬉しいみたいで、長女も1000円ちょうどになるように頑張って計算していました。レシートももらえるので本当に買い物したような感覚が味わえますね。

屋台コーナーにはパン屋さん、たこ焼き屋さん、すし屋さんなどがあり、それぞれ行列ができていました。パン屋さんではリアルなパンをトングで掴んでお客さん(夫と私)に渡したり、たこ焼き屋さんではたこ焼きを焼いてソースをかける真似をしたりと、ごっこ遊びのセットが充実していて楽しそうでした。

 

シャボン玉の中に入る

科学エリアの人が入れるシャボン玉も大人気でした。なんせ家ではできないような体験ですからね。シャボン玉の中に入った子供達の目の輝きを見ると列に並んだ甲斐があったってもんですよ。

普通にシャボン玉を楽しめる場所やシャボン玉カーテンが作れるような装置があったりと、シャボン玉コーナーは充実していました。

 

声優さん・音効さん体験

放送や映像のお仕事を体験できるわいわいスタジオでは、声優さん・音効さん体験ができました。わいわいスタジオが開く10時前から並んでいたので1組目で入ることができました。声優さん体験ではアニメーションに合わせてセリフを言い、最後に録音してもらったものを聞きます。家族4人でちょうど4キャラクターだったので、私と夫も演じてみましたがなかなかシュールで面白かったです。3歳長男も消え入りそうな声でセリフを言っておりました(笑)

昼過ぎに声優さん・音効さん体験に行ったときは3組目で40分ほど待ちました。1組20分ほどかかるので、キッズプラザ大阪が混んでいる時は早めに並んでおくのが良さそうですね。

声優さん・音効さん体験は6月イベント情報に載っていたので通年開催ではないのかもしれません。

 

楽しい!でも平日が良さげ

他にもいろんな国の楽器エリアや赤ちゃんの遊び場があったり工作体験ができたりと、盛りだくさんでした。長女は3回目(遠足でも行った)のキッズプラザ大阪でしたが、まだまだ飽きずに楽しめそうです。

4歳差の長男も一緒に楽しむことができました。年の差兄弟のお出かけにも良いですね。

幅広い年の子がそれぞれの楽しいを見つけられる場所、家ではできない楽しい体験や発見があるキッズプラザ大阪、今度は空いている時に行きたいな。